2017年11月21日火曜日

禁煙は難しい…

前回の8月25日に「禁煙しようかな?」というブログを書きました。
しかしながら… いまだにタバコを吸っています。

禁煙しようと何回かチャレンジしてみたのですが、数時間しか持たないのです。
11月の3,4,5日の3連休は、禁煙を始めるのに絶好のチャンスだと思っていました。こんどこそ絶対にやめると決意し、昔買った「禁煙セラピー」を読んで心の準備までしていました。
しかしながら、それも24時間しか続きませんでした…。

自分の中にタバコに対する未練みたいなものがあるからだと思います。
タバコはやめるべきだと思う一方で、これからタバコなしの生活でやっていけるのだろうかという不安が残っているのです。
仕事中にタバコが吸いたくなったらどうしよう。落ち込んだときにタバコが吸えなかったらどうしよう。そんな不安が湧いてくるのです。

それでもタバコをやめたいという思いもあります。
すぐにでも禁煙に再挑戦しようと思いましたが、何か続けるヒントはないかと調べてみました。
「禁煙セラピー やめられない」というワードで検索したところ、「頑張らずにスッパリ辞められる禁煙」という本を見つけました。

この本では、タバコを辞められないのは(1)身体的依存、(2)習慣的依存、(3)心理的依存の3つの依存が原因であり、それぞれに対する対策が書かれています。
また、すぐに禁煙を始めるのではなく、まず2週間自分の喫煙状況を記録にとることをすすめていました。
そこで自分もすぐに禁煙に挑戦するのではなく、禁煙を始める日にちを決めて、喫煙記録をつけている途中です。

また、「『やめる』習慣」という本も読んでみました。
この本では、習慣をやめるためには「骨太の理由」を作ることが大切だと書かれています。
たしかに、今までの自分はなんとなくタバコをやめたいなと思いながら禁煙に挑戦していました。
やはり、なぜ自分はタバコをやめたいのか、タバコをやめることで将来的にどんな自分になりたいかをまとめた方がいいなと思いました。


タバコをやめたい理由のひとつめは、健康上の問題です。
10月の初めに健康診断を受けたのですが、血圧測定で150という数字がでました。
血圧が高い原因はタバコだと思います。このままタバコを続けたら他にも健康上の問題が出てくる気がします。

タバコをやめたいもう一つの理由は、自分を変えたいからです。
だらだらしていてタバコを吸わないと行動が起こせないようになっています。
仕事のやる気もない状態で、やらないといけないことを先延ばしにしてため込んでばかりです。
きってタバコをやめると自分に自信がでて、積極的でやる気のある自分になれるんじゃないかと思います。

タバコは睡眠にも悪影響を及ぼすそうです。
最近なかなか寝付けないし、熟睡できた気もしません。
さきほど「やる気がでない」と書きましたが、睡眠の影響もあるかもしれません。

あと、禁煙によって得られる金銭的メリットも期待しています。
今一箱460円のタバコを、一日23本程度吸っています。
1本23円×23本で、一日に529円。
一か月30日で、15,870円。
一年12月にすると、190,440円になります。
タバコをやめれば、もっと有意義なことにお金が使えると思います。

まとめると、
・血圧を下げる
・自分を変える
・ぐっすり眠る
・もっと有意義なお金の使い方をする
というのが、私の禁煙理由になるかと思います。


もう一つ考えておかないといけないのは、「タバコを吸いたくなった時にどうするか?」ということです。
候補としては、
・水を飲む
・深呼吸する
・ガムをかむ
というところでしょうか。
このへんはもう少し考えないといけないし、やりながら変えていきたいと思います。

禁煙の開始予定日は、11月23日。
とにかく頑張ってみようと思います。

2017年8月25日金曜日

禁煙しようかな?

禁煙したいなと何度も思うのですが、続いた試しがありません。
そして性凝りもなく、また禁煙したい気持ちがわいてきました。

一番の理由は、自分を変えたいと思うからです。
なんというか、私、怠けものなんです。
何をするにもグズグズして、なかなか行動にうつせません。
とりあえず一服といって現実逃避してしまうのです。

このままじゃ駄目だな。なんとか変えなきゃ!
というわけで、タバコをやめてみれば何かが変わるかもしれないと思いました。

もう一つの理由は金銭的なものです。
いまだいたい一日に一箱強吸っているので、一日500円で計算すると、月に15,000円。結構な金額です。
この金額が浮いたら、年に数回東京へ遊びに行けるじゃないかと思ったりします。

ただ、禁煙にあたって心配なこともあります。
それは、太ることです。
いま体重が87Kgあるのですが、もっと太ったら大変です。
なんとか太らないように気をつけたいと思います。

禁煙を続けるのは、たぶん大変なんだろうなと思います。
まず手始めに、この土日をタバコなしで過ごしてみることにします。
それができたら、一日一日を目標に続けられたらいいと思います。

とりあえず、仕事の帰りにガムを買ってきました。
よーし、がんばるぞ!

2016年4月29日金曜日

C言語学習の進捗状況

ようやくWeb版「苦しんで覚えるC言語」の基礎編を終了した。
年末から年始にかけてC言語の勉強をしていたのだが、1月の中旬から中断していたのだ。
中断中は、ゲームをしたり、Pythonで書いたプログラムを改良したり、英語の勉強に興味をしめしたりしていた。

4月の中旬に再びC言語を勉強しようという気が起きたので、「苦しんで覚えるC言語」を最初からやり直した。
基礎編が終わったので一通りC言語の文法を学んだのだが、全然プログラムを書ける気がしない。
Pythonで書いたプログラムをC言語で書き直したいのだが、知識が足りないのだ。

書きたいプログラムを書くためには以下のことができるようにならないといけないと思う。

  1. マルチバイト文字を使う
  2. 2次元配列を作る
  3. 複数の候補からランダムで選ぶ
  4. 出現確率が異なる候補の中からランダムで選ぶ
  5. 配列の並べ替え
  6. 配列のランダムな並べ替え
  7. ハッシュテーブル(Pythonの辞書型データのようなもの)の実装
  8. ポインタを使いこなす


私が作ろうとしているプログラムは、簡単にいうと、ひらがなの配列に特定の条件を与えて計算し、最も良い値を出す配列を求めるものだ。
そのためにはマルチバイト文字の配列が使えないと話にならない。

Pythonでは簡単に2次元配列を作ることができたが、C言語ではどうしたらいいかが、いまのところ分らない。

ランダムの処理もまだサンプルとなるコードをみていない。
Pythonのプログラミングを練習していたときはランダムを多用していたので、ランダム処理の使い方が分れば、C言語でもいろいろなプログラムを書いて練習できる気がする。

Pythonには辞書型データというのがあって使っていたのだが、C言語で同じことをするにはどうすればいいのだろうか。
C++ならば連想配列といって、同じようなことができるようだが、C言語では標準でそういう機能はないようだ。
簡単に実装できるのであればいいのだが、難しいのであればC++への移行も検討してないといけない。

C言語の関数では、配列を引数や戻り値にすることはできないようだ。関数の処理をした後の配列を受けとるにはポイントを使わないといけない。
ポインタの説明は理解できたのだが、実際にどう使うのかがまだ完全には理解できていない気がする。


以上のような課題があるわけだが、実際にはどうしたらいいだろうか。
一番手っ取り早いのは、気になるキーワードで検索してみることだろう。
それでもいいのだが、もっとC言語に関する情報を体系的に得たいと思う。
なので本を読んで勉強していくことにした。

実はすでに2冊もC言語の本を買っているのだ。
電子書籍の半額セールにつられて買ってしまった。
「本当は怖いC言語」と「わかりやすいC入門編」の2冊だ。

買う時に深く考えなかったが、内容が「苦しんで覚えるC言語」とかぶる部分もあるだろう。
入門書を何冊も読んでも得られる情報は限りがあるかもしれない。
この2冊は読むつもりだが、さらに本を買う場合は内容をよくチェックしてから買うべきだろう。

この2冊を読んだ後はどうしようか。
「独習C」という本もなかなか良いと聞く。
それとももっと詳しい本を買うべきだろうか。
あるいはC++に手を出してみるという選択肢もある。

まあ、まずは目の前にある2冊を読破してから考えることにしよう。

(関連記事)
If Every Day was a Holiday ... : 【プログラミング】C言語の勉強開始

2016年3月27日日曜日

Dvorak + ミズナラ配列で、CorvusSKKを使う

このブログを始めた頃、効率的に文章入力ができないかと色々調べたりしていました。
親指シフトに始まり、いろいろな入力配列に挑戦しました。
(関連記事)
If Every Day was a Holiday ... : 親指シフト、始めました
If Every Day was a Holiday ... : 【親指シフト・中指シフト】いろいろあって迷っちゃうな
If Every Day was a Holiday ... : 英語入力用配列いろいろ

最終的に、英語はDvorak配列、日本語はミズナラ配列に落ち着いて1年経ちました。
でも入力方法にこだわっているくせに、全然ブログを更新してません。
せっかくの道具も使わないと駄目ですね。


2016年3月26日土曜日

春になると英語の勉強がしたくなる

またまたブログの更新間隔が開いてしまった。
前回の記事ではC言語の勉強について書いたが、興味の対象がまた変わってしまった。

去年の今頃に、こんな記事を書いている。
If Every Day was a Holiday ... : 英語をすらすらと読めるようになりたい
If Every Day was a Holiday ... : これが俺の英語力だ!

この時は英語でゲームをしたいと思ったのだが、そのまま日本語でゲームをして、その後にプログラミングに興味を持ち、今に至る。
つまり全然英語の勉強をしてないわけだ。


この3月になって、ゲーム関係の英語の文章を日本語に翻訳してみようと思い立った。
Web上の辞書サイトで単語の意味を調べて翻訳してみたのだが、やっぱり英語の文法をマスターした方が作業が捗るのではと考え始めたのだ。

こうして1年越しに再び英語を勉強しようと思ったのである。

前回はなるべくお金をかけずにやろうと考えていたのだが、今回はちょっと違う。
まずは辞書を買おうと思ったのだ。

2016年1月3日日曜日

【プログラミング】C言語の勉強開始

新年初の投稿です。
前回の投稿から間が開きましたが、プログラミングの勉強をしたり作りたいと思っていたプログラミングを書いたりしてました。

以前も書きましたが、私の作りたいと思っているプログラムは最適なキーボード配列を探索するプログラムです。
具体的にはこちらのページを参考に、少しアレンジしたものが作りたかったのです。
(参考リンク)
遺伝的アルゴリズムで求めた口語に適した中指シフトかな配列

Pythonの基礎を勉強したあと、なんとかプログラムを完成させることができました。
しかしながら問題があります。
このプログラムは何十回も繰り返しを行って最適解を求めるのですが、とても時間がかかります。
Pythonのようなインタプリタ言語は遅いと言われていますが、予想以上に時間がかかりました。
最初の1回の行程をやるだけでも18時間かかりました。これじゃ最後までやろうと思うと何日かかるかわかりません。

2015年11月25日水曜日

【プログラミング】Pythonの勉強 その10 - ロシアンルーレット -

プログラミング初心者の学習記録です。
今回はロシアンルーレットのプログラミングを作ってみたいと思います。

ロシアンルーレットとは拳銃に弾を1発だけ入れて、いつ玉が出るかわからない状態にして、順番に銃口を頭に当てて引き金を引くという大変危険なゲームです。
ロシアンルーレット - Wikipedia

リボルバー式の拳銃は6発まで弾を入れることができるので、ロシアンルーレットで最初の人がハズレを引く可能性は1/6です。
1回毎にシリンダーを回転させるというやり方もあるようですが、今回のプログラムではそれはやりません。
どういうことかというと、2番目の人は1/5、3番目の人は1/4という具合に、段々とハズレを引く可能性が上がっていくようにしたいと思います。