2013年9月21日土曜日

今更ながら「ジョジョの奇妙な冒険」第5部を読んでみた

タイトルのどおりの内容です。
こんなの需要があるわけないよね。
でも、「ありのまま今起こったことを話すぜ」って感じで、淡々と書いていこうと思います。


さて、ジャンプですが、私の場合、小学校高学年から高校卒業まで毎週買って読んでいました。
ちょうど、ジョジョの第4部の終盤か第5部が始まったくらいまでですね。
その後は時々立ち読みなので断片的に読んでいました。

なので、第5部もだいたいどういう話かは知っているのですが、全体のストーリーだとかラスボスの正体とか結末とかは知らなかったのです。

先ごろジョジョのテレビアニメ(第1部と第2部)を観たのがきっかけでした。
その後、古本屋で第5部の部分を一括購入してきたのです。


さて、内容の方ですが、ジョジョの特徴である心理戦、裏の読み合いといった部分は相変わらずで、終盤まで楽しく読むことができました。




しかし、最終盤の展開は、超絶すぎませんか?
ちょっとついていけなかったかな。
でも、体の入れ替わりとかは荒木先生はすごくやりたかったんだろうなと思います。アイディアとしては面白かったです。

しかし、ラスボスがチートすぎますね。パワーアップしたゴールドエクスペリエンスがもっとチートくさい。
ちょっとこういうラストバトルはよろしくなかったかな。


もうひとつ不満なのは、ジョルノのキャラクターかな。
周りが個性的すぎて、主人公のジョルノの印象があまり残りません。
いつも冷静な優等生キャラって感じですね。
序盤でコソドロみたいなことをしていたのがなんか似つかわしくないなという気がします。
もうちょっと不良っぽさがあってもよかったのではないでしょうか。

どっちかというと、ディオの子供というよりは肉体の方であるジョナサンの子供って感じでしたね。


それと、ポルナレフの登場はどうだったんでしょう?
なんか唐突すぎな感があります。
でもまぁ、矢にまつわるこれまでのジョジョの話につなげることで、第5部もジョジョの話の流れの一部だと再認識させられた感じですかね。



などなど、不満な点もいくつかありましたが、やっぱり面白かったです。
次はストーンオーシャンかな。
でも、第3部も読み返したくなってきた。
どうしようかな・・・。
Enhanced by Zemanta

0 件のコメント:

コメントを投稿