2013年10月18日金曜日

気分は御坂美琴(?)

先日あったことをありのまま言うぜ。


その日の朝、俺は職場についていつものように自動販売機で缶コーヒーを買おうとしたんだ。

お金を入れてボタンを押す。

すると、いつもと違った音がした。

ドカッ、ドカドカドカッ!!

なんだ!?

取り出し口を見ると、そこにはたくさんの缶コーヒーが溜まっていた。

取り出し口に収まり切らずに、上の方にもたまっているらしい。

後で数えてみると、20個くらいあったんだ。

押したボタンを見ると、「売切」の表示に変わっていた。

1個や2個なら、ラッキー! 当たりだぜ! なんて思ったかもしれない。

でも、さすがにこの量はまずい。

俺は、慌てて建物の管理をしているところに行って、業者に連絡をとってもらうことにした。


ちょうど今の季節は、冷たいコーヒーから温かいコーヒーに変わる時期だ。

俺が買ったコーヒーは冷たいコーヒーだった。

しかも、通常120円が100円になっていたんだ。

きっと冷たいコーヒーの在庫を片付けて、温かいコーヒーに切り替えようとしてたんだ。


今回の事件ももしかして在庫処分のための細工か?

俺はしょうもないことを考えてしまった。



結局、俺は自分の分を1つだけ取ると、残りの冷たいコーヒーを抱えて事務室まで数回往復したんだ。



まったく、ついているんだか、ついてないんだか。

なんともいえない出来事だったぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿