2014年8月17日日曜日

ブログ、何を書くのか?何のために書くのか?

さてさて、前回、半年ぶりにこのブログを更新しました。
せっかくこのブログを作ったんだから、なるべく更新したいなと考えたのです。
そこで直面したのが、何を書くのか?という問題です。



1.昔、アメブロをやっていたときのこと

私は一時期アメブロでブログを書いていました。
最初の1ヶ月半くらいは毎日更新していました。その後、更新ペースが落ちて結局3ヶ月で更新がストップしたんですけど。

その時書いていた内容はアイドルに関することが多かったと思います。
アメブロでブログを始める1年近く前には首都圏で暮らしていた週末になるとアイドルのライブに通ってました。そのなごりというか余熱をブログに書いていました。
例えば、インターネットのライブ中継を観た感想とか、わざわざ上京してライブに行ったこととか。好きなアイドルに対する熱い思いとか(笑)

もちろんそれだけでは毎日のブログは埋まらないので、とりとめのないこともたくさん書いてました。
その日にあったこととか、その日に感じたり思ったりしたこととか。

短い間だったけど、毎日「今日はブログに何を書いてやろうか」と考えるのは楽しかったです。



2.ブログをやめた理由

でも、何でブログを書くのをやめたんだろう?
体調を崩したのをきっかけに毎日の更新がストップしたのです。でも、体調が良くなってもブログの更新頻度が落ちてそのままフェードアウト。

一つには、アイドルちゃんたちへの熱い思いが薄れたからかな。こんな田舎で応援していても、しょうがない。ライブやイベントがあっても簡単には行けない。俺は何をやっているのだろうかと。
なんというか、手のとどかないところでギャーギャー言ってる自分が恥ずかしくなった。都会に住んでて頻繁にアイドルのライブに行っている人からしたら、「なんだこいつは」と思われるのではないかと感じたからです。
そもそもいい歳して、アイドルのことばかりブログに書いているということ自体が恥ずかしいことなのかもしれませんが(笑)

もう一つは、毎日のしょーもないネタを考えるのが楽しくなくなったからだと思います。
それまで毎日の更新のために頭をひねって書いていた内容が、わざわざブログに書くような話でもないと感じたからです。

アメブロには「ペタ」といって、訪問者の方が足跡を残してくれます。それにページビューの統計も確認できます。
更新すると、どんなしょーもない内容でも、ペタをしてくれたりビューの数字があったりしたけれど、この人たちは本当に自分の書いた文章を読んでくれているのだろうかと不審に思うようになったのです。
せっかくペタをしてくれたのだけど、ペタ返しが目的なのではないかと勘ぐってしまいたくなったのです。
なぜそう思ったのかといえば、きっと自分の文章に自信がなかったからでしょう。



3.ブログを書くためには・・・

こうしてアメブロをやめたわけだが、現在、再びBloggerでブログをやっています。
なんというか、自分の思いを表現できる場が欲しかったからだ。
自分の感じたこと、思ったこと、経験したことを誰かに伝えないという気持ちがあるからだ。

などと大層なことをいうわりには、ブログの投稿がすくないですね。
というのも、短い文章ならTwitterやGoogle+に投稿すればいいと思うからです。

じゃあ、どんなことならブログにすればいいのか。どんなことなら長い文章が書けるのか。そうやって考えるとなかなか思い浮かばない。
ここにきて、ブログを書くことがすごくハードルの高いことのように思えてきます。
自分の思いを表現したいという欲求があるのに、書く内容がないというのも変な話ですよね。

自分の関心があることはなんだろう?
ゲーム?アニメ?ラノベ?それとも、うつ病(笑)?
それを深く掘り下げることができるのか?
他人が読んで面白いと思ってもらえるものが書けるのか?

ブログを書くためには、なにかについて深く考えなければならない。
ブログを書くためには、アンテナを張って、ネタに使えそうなものを探さなければならない。
ブログを書くためには、いろいろなことを体験しなければならない。

家にひきこもってばかりじゃ、いいブログは書けないよね。
毎日なんとなくだらだら生きてるだけじゃ、いいブログは書けないよね。

そんなこんなで、少しばかり、ブログを書く前提で日々の生活を意識しながら過ごしていこうかと思います。
毎日の更新は無理でも、なるべく短い間隔でブログを更新できるようにがんばります。

0 件のコメント:

コメントを投稿