2014年11月22日土曜日

お酒とはほど良い関係でいたい

そろそろ忘年会のシーズンですね。
うちの職場の忘年会の日程も決まりました。
飲み過ぎには注意しましょうね。




若いころはよく飲み過ぎていました

若い頃は酒に強いことが男らしいと思っていました。
酒を勧められて断るのは礼儀に反すると思っていました。
だから勧められるがままに酒を飲んで潰れることがよくありました。
良いが顔に出にくいので余計に勧められてしまうのです。

酒を飲み過ぎて吐くのは、本当につらいです。
全部、飲み過ぎた自分が悪いのです。
でも、懲りもせずに同じ事を何回も繰り返していました。
本当に馬鹿だなと思います。
OZP68_kanbeermotteyottaossan500-small

昔は毎晩飲んでいました

酒は嫌いではないのです。
以前は自宅でも晩酌していました。
東京で働いていた時は、家に着くのがだいたい午前1時頃でしたが、それでも晩酌をしてました。

あと宴会でお酒が余っていると、もったいないなと思ってしまいます。
瓶ビールに半分くらい残っていると、飲んで帰らなきゃとか思ってました。
そんなんだから飲み過ぎてしまうのです。

そんな私ですが、ここ2年くらいは晩酌をしなくなりました。
健康状態があまり良くないというのもありますが、お酒を飲みたいという欲求自体がなくなってきたみたいです。

だから、私がお酒を飲むのは、職場の飲み会とか消防団の集まりとかだけになっています。
職場の飲み会も趣旨によっては欠席したりします。
酒を飲むのは、このように外でのおつきあいとときだけになっています。


忘年会で飲まずに車で帰るという選択肢もあるけれど・・・

話は職場の忘年会に戻りますが、日程の案内に合わせてバスの送迎の希望も聞かれました。
バスの送迎を必要としない人も居るのです。マイカーで会場まで来て、酒を飲まずに帰る人たちです。

最近の私は、正直なところ飲み会に出なくて済むならば欠席したいと考えるようになっています。
でもさすがにたいした理由もないのに忘年会を欠席するわけにはいきません。

そんな私だから、別に飲まずにマイカーで帰るという選択肢を選んでもいいのかもしれません。
でも、送迎バスに乗ることにしました。
なぜなら、周りの人が飲んでいるところで飲まずにいることに耐えられそうにないからです。

なんだかんだいっても、やっぱり私は酒が好きなんだなと思いました。

これからお酒を飲む機会が増える時期ですが、ほどほどにしておきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿