2015年11月12日木曜日

【プログラミング】Pythonの勉強

どうも、久しぶりのブログ更新です。
前回の記事では、「英語の勉強をします」みたいな書き方をしてましたが、全然勉強してません。ゲームをしてました。
そもそも英語を勉強したいという発端は、英語のゲームをやりたいということからでした。
英語よりもゲームの方が勝ってしまいました。(やっていたゲームは日本語版です。)
ゲームしながら英語の勉強をする方法はないものでしょうか。

さて、私には英語の他に勉強したいものがあります。それはプログラミングです。
去年の今頃の時期に勉強したいと思い、ネットを使って勉強を始めたのですが長続きしませんでした。



しばらく時間が経って今年の夏の終わりごろに、またプログラミングを勉強したいという気持ちが湧いてきました。
習得したい言語は、Pythonです。初心者にもわかりやすくて、いろんなことができる言語です。
今度はちゃんと本を買って勉強しようと思いました。いろいろと調べて、「Python スタートブック」という本がわかりやすくて初心者にもおすすめということが分かりました。

本屋へ行って「Pythonスタートブック」があれば買おう。そう決めたのですが、なかなか本屋へ行きませんでした。まあ、私のプログラミングの勉強意欲はそれほど強くなかったのです。

10月の中頃にようやく地元で一番大きな本屋へ行く機会がありました。
正直、この田舎にPythonの本が売っていると思ってなかったのですが、「Pythonスタートブック」があったのです。他にもPythonの本がいくつか売っていました。
自分以外に需要があるのだろうか。そう思いながらも、せっかくなので「Pythonスタートブック」を購入して帰りました。

「Pythonスタートブック」を読み終わるのに2週間かかりました。毎日読むのではなく、気持ちが向いたときに少しずつ読み進めていきました。
解説がわかりやすいからなのか、お金を出して買ったのだからちゃんと読まないともったいないという気持ちがあったからなのかわかりませんが、挫折することなく最後まで読み終えることができました。

初心者向けの本なので、初歩的なことしか書いてありません。これ1冊読んだからといってプログラムがすらすら書けるようになるわけじゃありません。
次に何を勉強したらいいんだろう。いい教材はないかなと調べたところ、同じようなことを考えている人がいました。

Pythonスタートブックを終えたので少しレベルを上げて勉強したのですがオス... - Yahoo!知恵袋

こちらの回答をみると、次に読む本を探すよりも、いままで勉強した内容でプログラムを書いてみたほうがいいとあります。

というわけで、プログラムを書いてみようと思ったのですが、どんなプログラムなら書けるだろうか。
そう考えて思いついたのが、「3の倍数と3がつく数字の時に特定のメッセージを表示するプログラム」でした。少し前に流行ったギャグへのオマージュです。

せっかくなので、コードを貼っておきます。
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
# coding:shift-jis

for x in range(1,41):
# 1から40まで数える
    if x%3 == 0:
    # 3の倍数の場合
        print(str(x) + ' だぴょーん!')
    elif x%10 == 3:
    # 1の位が3の場合
        print(str(x) + ' だぴょーん!')
    elif 30 < x < 40:
    # 30台の場合
        print(str(x) + ' だぴょーん!')
    else:
        print(str(x))
syntax2html

こんなふうに表示されます。


このプログラムをベースにいろいろといじりながら学習していこうと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿